サボテンの土に100均ダイソーのハイドロボールが適していた

※2020年5月に更新しました

ちょっとした興味本位でサボテンを購入し、

長い間育てているといずれぶつかってしまう壁。

そうです、植替えです。

サボテン初心者の筆者は

適当なおおきさの鉢と土があればイケッルッショ。

と軽く考えていましたが。。




鉢の購入はともかく、、

サボテンの土ってなにを使えばいいの、、!!

開始3秒で壁にぶち当たってしまいました。

過去に観葉植物を育てたり園芸を趣味としている方は

このような壁にはぶち当たらないことでしょう。

しかし、筆者のような

生命力の強いサボテンなら育てられるだろう!

or

部屋にサボテンあればちょっとおしゃれになる!

と、安易な気持ちでサボテンを育て始めた

【NOガチ勢】にとっては大きな壁なのです。

【サボテン 土 種類】

なんてGoogle先生に聞いてしまえば世の終わり。

配合やら土の種類やらをこと細かく教えてくれるので

かえって植替えのテンションが下がってしまいます。

きっとGoogle先生は

長年サボテンを愛し、

筆者の想像もしない困難を幾度となく乗り越え、

植え替えノウハウを培ってきたのこでしょう。

そりゃ、怖いもの知らずのガチ勢です。笑

さて、そんなガチ勢情報でうんざりの方におすすめする

サボテンにふさわしい土を紹介いたします。




ダイソーで購入可能!!ハイドロボール小粒!!

ネットでは土の配合など

こと細かく解説してくれていますが、

それほどサボテンに命懸けていないのなら

このハイドロボールのみで十分です。

以下、本当にざっくりと植え替えの説明です。

(というか、これ以上詳しく説明できないというか。。笑)

今回は親サボテンから子サボテンが産まれたので

植替えをしてみました。

写真では子がポロリと落ちてしまっていますが。。↓

1.植え替え用の鉢を用意します。底は水が抜ける穴付きです。

2.サボテンを鉢から取り出し土を払ってあげます。

意外と根を張っていて驚きました。

子サボテンはこれからって感じですね。

3.鉢に3分の1程度ハイドロボールを入れます。

4.入れたハイドロボールの上にサボテンたちを乗せ、

サボテンが半分隠れるほどハイドロボールを入れます。

5.十分に水をかけてあげて完成です。

本当にこれで大丈夫か!?

と思う方もいらっしゃるはずです。

植え替えをして半月たった頃(当時)、

たまにはサボテンにも日向ぼっこが必要

だということを知り、普段は置くことのなかった窓際に置いていました。

ある日、窓際にサボテンを置いていたことに気付かず、、

見事にサボテンの鉢をひっくり返してしまいました。泣

その時、サボテンたちを見てみると、、

しっかりと根を張っていたのです!!(超絶感動!!泣)

(植え替え前の写真を引用しています。。)

子サボテンも植え替え時には根なんてなかったのですが、

その時には自分の2倍ほどの白い根っこを生やしていました!

ネットでは配合やらいろいろなことが書かれていますが、

生命力の強いサボちゃんを信じて

ハイドロボール一択でもいいのではないでしょうか!!!

今はそれほどサボテンの知識はありませんが、

これからどハマりしていきそうな気がします。

そうなったときにはGoogle先生に

ご教授していただこうと考えています。

みなさまもサボテンライフを楽しんでくださいね!!

それでは!!

サボテンの土は100円ダイソーで十分!ダイソーの土 愛用歴3年目のサボテン植え替え!

追記5カ月経ちましたが、すくすく成長しています!!

以前の写真と比べると少し大きくなっている気が、、!!

3年(?)が経過した2020年5月のようすです。

親サボは絶命し、子サボが命のバトンを受け継いでいます。

土は当時と変わらずハイドロボールを使用しています。

「肥料を与えよう!」とかそんなめんどうなことも3年間一切していません。笑

振り返れば、、虫が発生したこともありません。

成長過程の続きはこちらです↓

サボテンの成長速度が半端ない!ダイソー土ですくすく成長中!

入門編としては100均ハイドロボールで十分なのです!!!

自分で育てたサボテンを寄せ植えするのも素敵ですね!!

サボテンの土は100円ダイソーで十分!ダイソーの土 愛用歴3年目のサボテン植え替え!