ハチに刺された時の応急処置!真夏の天敵を自衛隊ライフハックで乗り切れ!!

きたきたきたーー!

え、、マジで来たよ!!泣

後ろに!ハチ!!

 

夏には外で思いっ切り楽しみたいですよね。

必然的に山や海、川に行く機会が増えます。

大自然で夏を楽しむということは

一方で危険が潜んでいるということを

忘れてはいけません。

 

今回は真夏の天敵であるハチに

刺されてしまった時の対処法を

自衛隊ライフハックを交えながら

ご紹介します!!!!

 

自衛隊員は少し強引な対処法で

乗り切っていました!笑

 

ハチに刺される!よく出くわす天敵ハチとは!

ふとした時に不気味な羽音を響かせながら

ヤツらは接近してくるのです。泣

 

こちらから危害を加えなければ

何もしてこないとはよく聞きますが、

100%襲われないとは限りません。

 

まずは相手(ヤツら)を知ることからです。

ご紹介しましょう!!

 

ミツバチ

花畑に行くと必ずと言っていいほど

嬉しそうに飛び回っているミツバチです。

ヒマワリ畑に行くときには要警戒です。

 

小さな厄介者はその毒針も厄介なのです。

イラスト写真(針、毒袋)

参照:ハチの巣駆除 出張専門館

 

 

アシナガバチ

ミツバチほどの遭遇率はありませんが、

山や川などで不意に遭遇することがあります。

はたまた、地方の実家に帰った時に

巣を家に作られていて、、なんてことも。泣

 

オオスズメバチ

ハチ界のトップに君臨する不動の王者です。

刺されてしまうと場合によっては

極度のアレルギー反応を起こして

重体、死に直結する毒を持っています。

 

そんなヤツらに刺されてしまった時にすべき

対処法とは、、!?

 

ハチに刺された!自衛隊ライフハックをご紹介!!

自衛隊には自分の身を自分で守るための

ライフハックがあります。

 

今回はハチに刺された時のライフハックです。

ご覧いただきましょう↓

※応急手当は、とりあえずの処置にすぎず、

手当のすべてではありません。
病院で医師の診断を受けてください。

 

※動画内で「口で毒を吸い出す」という

対処法が紹介されていましたが、

あくまでも対処法の一例です。

様々な情報サイトがありますが、

「自衛隊ライフハック」では上記のような紹介がされています。

 

サイトによっては口で吸い取ると

口内で毒が広がりしびれる可能性がある

掲載されています。

吸引機などの正しく毒を取り出すことができない

状況に臨機応変に処置をする必要があります。

ご理解ください。

 

最後に

いかがでしたか。

今年の夏も大自然を満喫するあなた!!

友達やお子さんがもしハチに刺されたら

しっかりと応急処置をしてあげましょう。

 

夏を満喫するには危険に対しての

正しい知識が必要不可欠です。

何かが起こった時には遅いのです。

備えを万全にして思い切り夏を楽しみましょう!!!