安定職業の「銀行員」はなくなる仕事!?誰もができる仕事がAIに奪われる?


世間では「安定した職業」で働かなければならないという

常識が今も存在しています。

現に子供がなりたい職業ランキングでは

毎年、「銀行員」が上位にランクインしています。

 

もちろん、安定した職業に就くと誇らしげな気分を味わうことができますし、

親も安心さえることができ、何よりも世間体が良いです。

今の日本人は特にやりたいことがなく、

とりあえず、大企業や公務員になりがちです。

そんな安定した職業として不動の職業である、

「銀行員」が今後も安泰なのかを

今話題のAIに紐づけしながら考えていきましょう!!

AIに対してなぜ悲観的になってしまうのか。。

AIに仕事を奪われる!とよく悲観的になってしまう人を

よく見かけるが、それほど悲観的になる必要はないのです。

大前提に考えていただきたいのは

 

AIが活躍する社会になればヒトに新たな時間が生まれる!

 

ということです。

たしかに当たり前のことですが、

この認識をしている方は非常に少ないのです。

もし、あなたが今AIを恐れているのであれば、

それは以下のことが言えるのでしょう。

 

今の仕事はAIにもできる仕事である。

 

AIを敵対視しているならば上記のようなことを

潜在的に感じているからではないでしょうか。

もしその仕事が複雑な仕事であったとしても

相手はAIです。

単純なヒューマンエラーをすることなく、

メンテナンスさえしていれば

あっという間にヒトより断然活躍する

即戦力になるのです。

 

でもAIはまだ職場に入り込んでいないけれど・・・

先ほども述べました、誰にでもできる仕事というのは

将来的にはAIに代替されるかの可能性が非常に高いのです。

現在、AIの導入が一般企業でされていなくても

数年後には状況が変わっていることでしょう。

AIが未だに普及していないのは

単にヒトよりコストがかかるためです。




今後、研究が進み一般企業レベルで活躍できる

AIの販売が始まれば

資金のある会社だと一目散にAIの導入を

始めることでしょう。

私たちの知らないところで世界中の

頭のいい人たちが世界を変えようと

日々研究しているのです。

 

なぜ銀行員と公務員はAIに代替されるの!?

今回この記事を読んでくださって憶えていただきたいことは

AIは誰にでもできる仕事から代替されていくということです。

それではなぜ銀行員は代替されていくのか

考えていきましょう。

 

銀行員

今後銀行が存在していても意味がないと

言われる状況がやってくることでしょう。

銀行が必要なくなればそこで働く人も

当然いなくなります。

 

銀行が必要な理由はいくつかありますが、

そのほとんどは事務的な手続きなためでしょう。

いちいち銀行へ足を運び、

事務的な手続きをするのが面倒な方も

多いのではないでしょうか。

この手間を軽減するために今では

スマートフォン1つで手続きができてしまう

サービスが広まってきました。

 

これは実際のスマートフォンでできる手続き画面です。

わざわざ銀行に行かなくても自宅でタップするだけで

様々な処理をすることができます。

また、ATMに普及により、

今以上に銀行員の必要性が少なくなってきたのです。

 

今後の日本では仮想通貨が間違いなく流通してくることでしょう。

そうなればより一層銀行の存在価値は低下してしまいます。

既に現金払いだけでなく、ビットコインでの支払いを

取り入れている店舗も激増してきました。

 

ビットコインが使える日本国内のお店

 

このキャッシュレス化が進むと銀行自体に

お金が無くなるということが考えられます。

 

とある、経営者の方がこんなことを

おっしゃっていました。

 

ある日、数千万を銀行に預けてそれを引き出そうとしたところ、

銀行自体にその数千万が一時的になくて

引き出せなかったww

なんて状況もあり得る今の金融事情です。。

 

大金を預金者から銀行に入れても、

そのお金はまたどこかで運用されているので、

自分のお金が必ず銀行にある!!という

今までの常識が通用しなくなる時代がやってくるのです。泣

 

一方で仮想通貨は

信用問題、防犯対策などに対して

完璧なシステム(ブロックチェーン)を構築しているので、

銀行よりも信頼されているのです。

今はまだ認知度が低いですが、

より多くの方が仮想通貨のことを

理解すれば、銀行にお金を預ける時代は

昔の話になってしまうのです。

 

手数料の面でも仮想通貨は優れています。

世界共通の通貨をデータで管理しているので、

PCやスマホがあれば手続きができてしまいます。

中央集権がないので手数料は非常に安く(数十円)、

入金も10分後には完了できます。

 

日本の中央集権も認める

仮想通貨を銀行がどれほど

受け入れていくかが、

銀行の今後の課題でしょう。

 

今や現金ですべてを手に入れる時代ではないのです。

如何に少ない労力で最大の利益を得ることができるのか。

現実しがたいと思われていたことが、

現実出来得る時代になりました。

質の高い情報を得て、最高の人生を送っていきましょうね!!!