仕事を辞めたいが言えなかった某大手メーカー管理職の本音!!会社洗脳の恐怖


誰もが一度は考えたことのあること。

『会社を辞めたい』

辞めたいけど世間の目が気になる。。

収入が今の会社よりも少なくなってしまう。。

 

なんてマイナスのことを考えがちです。

が、現状として大多数の人が『辞めたい』と

思っていてもその決断はできないものです。

今回は某大手メーカーの管理職がなぜ苦痛な仕事を

辞めることができなかったのか、

リアルなサラリーマンの現状をご紹介しましょう!!!

 

 

仕事を辞めたい!でも言えない!業界30年の営業が語る!

ここでは某大手メーカーの営業を30年以上全うしてきた

営業マンが苦痛な仕事を辞めることができなかった

リアルな理由を語ってくれました。

 

仕事を辞める暇がなかった30年

辞めるという決断には自分の中での気持ちの整理や

周りの人たちへの説明に計り知れない時間と労力を使います。

大前提として歓迎されることではありませんから、

しっかりとした準備が必要になります。

 

そういった時間と労力が必要な状況で

本気で『辞める』という決断ができなかったのは

それを考える時間がなかったのです。

 

仕事のため、プライベートで遊ぶ時間がない!!というのは

よくある話ですが、

辞めようと考える時間さえも無かったとは。。

 

きっとプライベートも充実していなかったのではないでしょうか。。

想像するだけで恐ろしいですね。。

 

上司のことを考えると辞めることができなかった

辞める時には必ず上司への報告は必須です。

上司によっては辞めるということすら考えさせないという上司も

いることでしょう。

今回の営業マンは30年間考える時間も

考えるという思考さえも停止していたということになります。

 

会社内で優秀な成績を残してきた営業マンも

その背景には『辞めたい』と思ってしまう時もあるのです。

 

上司の圧力とは。。

  • 休みの日にもいきなり呼び出しがあり、お客様獲得への戦略会議が強制開催
  • 事務所に到着したとたん挨拶合戦w
  • 会議で結果を残さなかった営業に暴言←なかなかの言葉の押収ですw
  • 事務所で仕事していても時間帯によっては無理やり外で営業させられる

このように完全に上司のコマになってしまえば

辞めるということなんて口にすらできないでしょう。

 

このように上司の恐怖政治が行われれば

典型的な『辞められないサラリーマン』になってしまいます。

 

会社を辞めたい人へ~思考の変化を~

会社を辞めたい!けど辞められない人には

現在は自由に生きている元サラリーマンの人の言葉が

影響を与えることがあります。

 

そのいくつかをご紹介しましょう!!

 

他人の人生を生きていても。。

世間一般的に

以下のような人に憧れる人はいるのではないでしょうか。

 

県内の進学校に入学した

一流大学に入った

東証一部上場の銀行に就職した




俗に言うエリートコース街道まっしぐらという人です。

同世代の人よりも給料もよく、子供ができてから家を

建てることができるほどの経済力を持っているのです。

 

聞こえはいいですよね。笑

 

が、リアルな日常を覗いてみると。。

  • 深夜まで働くこともある
  • 上司の命令は絶対で顔色ばかり窺っていた
  • 3年ごとに転勤がある
  • 転勤は会社からの命令で本人の意思は反映されない
  • 転職しても今の給料より良いとは考えることができない
  • 結果、耐えるしかない

 

他人の人生を生きるって

なんか、寂しくないですか?

 

それでもって体調を崩したり、定年になると会社から切り捨てられ。。

振り返ってみれば他人の人生を生きていたことに気が付く。

いくら立派な役職でも会長や社長でもない限りそこに上司は存在します。

 

サラリーマンをやっていれば99%そうです。

どうせなら自分らしく生きていたいのは誰もが思うことです。

一瞬の勇気で人生が変わる可能性があるのです。

今こそ!行動するときです!!

 

クリスの部屋は迷っている自分を勇気づけてくれる

良い動画ばかりです!!


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村