スプリットリングの付け方に必要なプライヤーの使い方とは!?ルアーのポテンシャルを上げよう!


スプリットリングとはルアーとフックの間に付いている丸い輪っかのことです。

イマイチ存在感のないパーツですが、

スプリットリングの使い方次第では

自分の求めるルアーにチューニングすることもできるのです!

今回は今までスプリットリングに目を向けたことがない人に

スプリットリングの付け方(プライヤーの使い方)をご紹介します!




スプリットリングの働きとは

まず始めにスプリットリングの働きをご紹介します。

結論から言えばフックの動きに「遊び」

作る役目をしています。

 

ルアーとフックを直結した(取り付けは物理的に難しいことが多いです)時、

ルアー側、フック側の穴が小さければ

その時点でフックが固定されてしまいます。

そのため、ルアー本来の動きができなくなると同時に、

フッキング率も下がってしまいます。

 

「遊び」を作ることによってフッキング率の低下を防ぐことができるのです!

 

リングを付けることによってフックの可動域が広がる↓

 

スプリットリングに必要な道具「プライヤー」とは

プライヤーとは一見ペンチのような形をしています。

 

 

 

え、、ペンチじゃダメなの、、??

 

 

 

開いてみるとこんな感じ↓

 

先ほどのプライヤーをよく見てみると、、

 




先端がカギカッコのようになっています。

ここがプライヤー最大の特徴であり、

スプリットリングの着脱には欠かせない働きをしてくれるのです!

 

プライヤーは大型ターゲットが釣れた際に

魚からルアーフックを外す時にも活躍してくれます!

その他、ラインを切ることもできるなど

 

「あれば非常に便利」な道具

 

なので

是非一つは持っていたい代物です!

 

では、スプリットリングの付け方を

ご紹介します!

 

スプリットリングの付け方とは

スプリットリングの着脱を「手」で無理やりやろうとする人もいますが、、

 

 

めちゃくちゃ頑張ればできますww

 

 

そんなレベルの話なので、

大人しくプライヤーを一つ購入することをオススメします。笑

 

今回はルアーからフックを外す作業でご紹介します!

↑ダイソージグが大好きです。笑

 

スプリットリングがルアーとフックを連結しています。

 

次は写真で示した青線(谷間)にプライヤーの先端を入れていきます。

 

プライヤーの先端をリングの谷間に入れると

リングが開くのでその隙間にフックを通していきます↓

 

拡大してみると、、↓




ここまでできればイージーゲームです。笑

リングをプライヤーで掴み、フックをくるくると回して

リングの末端部までずらしていきます↓

 

無事、ルアーからリングを外すことができました!

 

要はリングの谷間にプライヤーの先端を入れ込むことが

出来ればカンタンに着脱することができます!!!

 

 

最後に

いかがでしたが。

スプリットリングを付けることによって

ルアーアピールを向上させることができたり、

釣り場の状況に応じて適切なフックサイズに変更することができたり

スプリットリングの着脱の方法を知るだけでも

釣りの幅を広げることができます!

 

プロアングラーの方はよく釣り場の状況に応じて

フックチェンジを頻繁に行うそうです。。

 

 

まずその決断に至るまでの考え方を身に付ける必要がありそうです。。笑

 

 

釣れた一匹ではなく釣ったと言える価値ある一匹を

狙って行きたいですね!!!

そのためにもスプリットリングの着脱方法は身に付けておきましょう!!!

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました!!!!!

インスタグラムで釣果更新中!!!