【実践】潮の流れを判断するにはカメノテを見れば一目瞭然


釣りをするときには流れや変化のあるポイントにルアーやエサをキャストすべし!!

とよく耳にします。

これは流れの変化があるポイントには

以下の現象が起こりやすいのです。

新鮮な海水が流れ込む

プランクトンが集まる

プランクトンを食べる小魚が集まる

小魚を食べる魚が集まる

ターゲット級の魚が小魚を捕食する





といったように、潮の流れが効いている

ポイントでは魚を釣り上げる可能性が高くなるのです!!

 

でも、実際に堤防に到着しても何の変哲も無い

のどかな風景が広がっています。笑

 

 

どこに流れがあるんだ、、!!

これじゃ効率よく魚を狙うことができない、、泣

 

 

なんて悩んでいる方も多いのでは無いでしょうか。

初心者の方はもちろん、今まで釣りをしたことがあるけど

潮の流れを意識したことのなかった方に

堤防で実践できる超カンタンな潮の見極め方をご紹介します!!

 

関連記事

反転流に潜むシーバスを狙う!ルアーセレクトとアクションをご紹介!

 

堤防に到着したらまずは潮のチェックをしよう

釣りの醍醐味といえば、、

 

何と言っても魚を釣り上げたときの喜びでしょう!

 

1匹の魚を釣り上げるために釣り人はルアーローテーションや

ルアーアクションなど様々な要素を

試行錯誤しながら魚を狙うのです。

 

しかし、ルアーやタックルだけに目を向けても魚を釣り上げる

確率は上がりません。泣

釣りは自然の中でするものです!

釣り場での潮の流れやその時のベイトなど

海で何が起こっているか把握することも大切です。

 

釣り場でチェックすべきことの1つが

 

 

潮の流れ

 

 

です。

潮の流れが効いているポイントを把握しているだけでも

魚へのアプローチは変わってくるのです!!

 

潮の流れを判断するには何を参考にすれば、、

潮の流れを見て魚を狙いましょう!!

 

と、言われても。。

 

 

理屈で分かっていても実際に釣り場に到着して海を見渡しても

流れを判断することはなかなか難しいことです。

 

判断が難しい時には釣り上級者の方地元アングラー

ヒアリングすることが最も頼りになる方法です!!

 

管理人も初めてのポイントでは地元アングラーの方々に情報を

聞きまくっています。。笑

 

それができれば一番良いのですが、釣り場に人がいない場合や

そもそも話しかけることが苦手な方ももちろんいらっしゃることでしょう。

 

安心してください!笑

ヒアリングする以外にも潮の流れを判断する方法はあります!!

 

 

堤防の岸壁に付いているカメノテを参考にするのです!!!

 

 

 

は、、??亀の手、、??

 

 

「何言ってんだこいつ」と思ってしまった方、、

正直いらっしゃると思います。泣

 

潮の判断方法は様々あるのですが、

初心者の方が気づきやすい方法をご紹介いたします!!

 

 

新鮮な海水が流れ込みポイントにカメノテがいる!

そもそもカメノテって何。。

そんな方もいるかもしれませんので改めてご紹介!!笑

 

見た目がアウトな方、、すみません。。泣

地域によっては酒蒸しやみそ汁に入れて食されています。

生態系の中でも比較的範囲の狭い部類なので

捕獲に制限のかかる地域もあるとのこと。

エビと貝の中間の味(?)がするそうです。笑

 

カメノテ

潮に浸かると二枚貝のように左右に分かれた殻を開き、

貝のような水管や脚ではなく、

エイリアンのようにも見える蔓脚(まんきゃく)と呼ばれる

黒っぽい無数の触手をワサワサと広げて水中のプランクトンを捕食する。

参照:旬の魚介百科

 

カメノテの捕食対象はプランクトンです。

冒頭でも紹介しましたが、

流れの利いたポイントには効いたポイントには

プランクトンが流れ込みます。

 

つまり、カメノテがいるポイントは流れが効いているということになります。

 

 

では、実際の堤防の写真を元にポイント判断をしていきましょう!!




こんなところにカメノテが!流れの判断方法!

少しグロテスクな見た目ですが、流れの判断の一助となってくれるカメノテ。

実際に堤防に行った際の写真を参考にしながらご紹介します。

 

堤防の全体像はこんな感じ。(初見ポイントでした)

 

 

写真左の一文字堤防との狭くなるポイントがアツそうだなと

思っていましたが、すでにアングラーの姿が、、泣

人気ポイントということもあり、ほかのポイントにも

多くのアングラーがいました。

 

潮どまりのタイミングでポイントが空いたので早速移動してみることに。

緩やかな流れがあり、小規模な反転流も起こっていました。

 

流れはこんな感じでした↓

写真右手前から写真左奥へメインの海流が。

堤防角では小規模な反転流が。

 

そして、その岩壁沿いを覗いてみると、、

 

 

いました!カメノテです!!笑

教科書通りの展開!!笑

流れが変化しているポイントに生息していました!

プランクトンが集まっている証拠です!

 

ちなみに、写真のポイントに入る前に数10m離れたポイントで

釣りをしていましたが全く反応がありませんでした。。

 

しかし、このポイントではサイズこそ奮わなかったものの

サバを釣り上げることができました。

その後、近くで釣りをしていたお兄さんが

大型のを釣り上げていました、、!!

 

三重県はタコ釣りが盛んなようです、、!!

次回チャレンジしてみます!!

 

 

最後に

いかがでしたか。

堤防に入った際には流れの見極めをする一つの判断材料として

カメノテの存在も頭の片隅に入れておけると幸いです。

 

いち早く流れを見極めてナイスフィッシュを釣り上げていきましょう!!!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!!!!!

 

日本各地の波止場釣り情報が掲載!

釣り場の特長も書かれているので初見ポイントでも安心して釣りができます!

 




DAIWAモバイルパックで次々と大物釣り上げています!↓

コンパクトロッドが有能すぎる件!ショアから狙えるターゲットは釣り上げることができる!!

インスタグラムで釣果更新中!!!