反転流に潜むシーバスの狙い方とルアーセレクト&アクションをご紹介


「魚を狙うなら変化のあるポイントを狙え!」

釣り人ならよく耳にすることでしょう。

 

「変化」には様々な要素があり、

水深が突然深くなっているブレイク、漂流物の際(きわ)、地磯などの岩場の影や

海藻の多いポイントなど

挙げていくとキリがありません。笑





つまり魚は「変化のあるポイント」に潜む確率が高いので

むやみやたらにルアーを投げるよりも

変化のあるポイントを見極めて的確なアプローチをする方が良いのです!!

 

数ある変化ポイントの中で有名なのが

 

 

反転流

 

 

です!

 

反転流には高確率で大物が潜んでいるので

反転流で効果的なアクションと狙えるターゲットをご紹介します!!!

 

反転流でシーバスを狙う!え、、反転流って、、なに?

反転流とは。

川でいえば上流から下流に向けて流れがあります。

 

流れの途中に何かしらの障害物があることにより

本流とは異なった水の流れが生じます。

これが反転流です。

反転流は障害物だけが要因となるわけではなく、

川幅の変化支流と合流するポイントなど様々な

要因があります。

河川では河口域から上流へ上がっていくとほとんどの確率で

反転流を見つけることができるので

可能な範囲で開拓してみても良いですね!

 

反転流でシーバスを狙う!反転流を探してみた!

反転流ができるポイントを頭に入れたところで

実際に反転流を探しに行ってきました!!

 

河川には様々な変化ポイントがあるので激アツポイントを探すことは

魚を釣り上げることと同じくらいの

楽しみがあります!!!笑

(マジで大物ヒット率が上がりますからね!!!笑)

 

先程の写真は実際に訪れた一級河川の上流域です。

 

ここは汽水域であるため、

流れや天候によって様々なターゲットを狙うことができます。

ブラックバスやクロダイ、シーバスが

釣れるのでいつも楽しませてもらっているポイントです!笑

 

先ほどのポイントを例として流れを示してみると

反転流は以下の箇所に生じています↓




本流(写真右)があり、写真左手前から川幅が広くなり

写真左手に流れの緩やかな反転流

生まれています。

 

 

しかも、この反転流の中には流木も転がっているので、、

 

 

 

とにかく魚のつきやすい激アツポイントなのです!!

 

 

変化 × 変化 = 激アツポイントです!笑

 

とにかくキーワードは「変化」です!!

 

反転流に潜むシーバスを狙う!ルアーセレクトで考えるべきこととは?

反転流を見つけてむやみやたらにルアーを投げていても

せっかくの激アツポイントを荒らしてしまうことになります。

 

可能であれば反転流を狙う前に

釣りポイントからできるだけ多くの情報をゲットしましょう!

分かりやすい例を挙げると

 

 

ターゲットは何を捕食しているのか

 

 

ということです。

 

捕食ターゲットに応じたルアーセレクトが大物ゲットの

要因の1つになってきます!

 

ここの釣り場ではアユサワガニが主なベイトとなっているので、

使用ルアーのカラーは極力目立たないカラーを選択しています↓

岸際まで近づくと魚影が濃ければサイズ感などある程度判断が付きます。

サワガニだとジグにクロー系ワームを付ければ

フォローできます!!




サワガニポイントではジグヘッドにクロー系ワームを付けて

キビレを釣ることも可能です!

 

ちなみにアユの写真はこちら↓

「アユ」の画像検索結果

 

ガンクラフトのジョインテッドクローの方が

一発で食いつきそうですねww

「ガンクラフト ジョインてどdクロー」の画像検索結果

 

一度は投げてみたい憧れのルアーですねー!!!

 

話がそれました。。

アユを意識したルアーセレクトで反転流に潜むシーバスを狙います!

 

反転流に潜むシーバスを狙う!ベイトが溜まりやすい!

「変化あるポイント」の1つである反転流。

なぜ反転流でターゲットが釣りやすいかというと、、

 

 

ベイトが溜まりやすい

 

 

反転流の中でシーバスが潜んでいるということは

ベイトが入ってくるポイントでもあるのです。

小魚などのベイトは普段本流で泳ぐことはほとんどなく、

流れの緩やかなポイントや障害物の影など

まさに「変化あるポイント」にいます。

 

その反転流にルアーを通す際にはベイトと同じような

アクションをする必要があります。

岸際まで近づいた際にベイトがゆっくりと泳いでいれば

リトリーブスピードもスローで巻いてこなければなりません。

 

とある、プロアングラーはリトリーブスピードの速さ

アピールの強弱に関係すると話していました。

よって、ポイントに入って最初のキャストはスローリトリーブ

つまり、アピールの弱いアクションからスタートすることが

基本となってきます。

 

それでも反応がなければ

ベイトが泳いでいる速さでのリトリーブスピードで試し、

最後は高速リトリーブを試してみるといいでしょう!!

 

今回の反転流のポイントでは高速リトリーブでの

リアクションバイトでターゲットを釣り上げることができました!

 

リトリーブスピードやアクションにも気を払いながら

反転流に潜むシーバスを攻略していきましょう!!!!!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!!!!!

 

関連記事

肱川シーバス!!攻略のカギは反転流と高速リトリーブ!!




DAIWAモバイルパックで次々と大物釣り上げています!↓

コンパクトロッドが有能すぎる件!ショアから狙えるターゲットは釣り上げることができる!!


インスタグラムで釣果更新中!!!