就活での志望度を面接で答えよう!誰とも被らない『ワンフレーズ』で熱意の伝わる答え方!





就職活動をしていれば必ず聞かれる『志望度』


今までの面接が順調に進んでいても志望度の質問でペースを乱されて満足のいかない結果になった人もちらほらといました。

学生側からすれば『厄介な質問』ですが、企業側からすれば学生を本気で選ぶ『最終奥義』といった手段ではないでしょうか。

 

志望度の質問をするということは面接官の学生に対するそれまでの良いイメージを一瞬で塗り替える可能性だってあります。

つまり、この質問をされたということは入社することを非常に期待されているということです。

それほど企業側も思い切って志望度を質問してきているのです。

 

そんな重要度な高い質問なのだから良い内容で答えたい!誰もがそう思うはずです。

志望度の質問をされればこう答えてみましょう。

 

 

面接官「うちは第一志望ですか?」

あなた「私は本気で入りたいと思う会社しか面接受けていませんので、志望度に順番はありません。」

 

 

これにプラス!他の会社との違いやなぜこの会社でなければならないのか理由付けをすればさらにいいでしょう。
注意する点はただこのセリフを淡々と言うのではなくしっかりと気持ちを込めて言うことです。

ですから、やはりそれなりの企業研究やOB訪問などをして情報収集をして「本気になる自分」を見出す必要性もあります。
中には気持ちを簡単に作りその場で説得力のある答え方をする器用な学生もいます。

しかし、不器用で何事にも真っ直ぐな学生はとりあえず会社のことをよく調べ、良い点悪い点をしっかり把握し、「本気になる自分」を見つけ出していきましょう。
先程のセリフはメインではなくそれ以降の理由付けが重要になってきます。

深入りされても柔軟に対応していきましょう。

いや、「本気になった自分」を見つけ出せれば勝手に対応できてきますよ。そうすれば余裕もでき人生で一度だけの新卒就職活動を全力でエンジョイできるはずです。

一度きりのチャンスです。楽しんでくださいね!!!