【鈴木斉から学ぶ①】ベイト豊富なポイントでは○○を演出すべし!ルアーの大きさは関係なかった!?


参照:鈴木斉氏によるシーバストークイベント【つり具のまるきん福岡糸島店にて】

 

SHIMANOソルトウォーターインストラクターの鈴木斉さん。

誰もが一度は釣り上げたい魚たちを数多く釣り上げている

カリスマアングラーです。

特にシーバス攻略に関しては他の有名アングラーより群を抜いての知識量と

アングラーからの人気を誇っています。

 

カリスマアングラー鈴木斉さんが某釣具店にてトークショーを行い、

こだわりのシーバス攻略法についてお話ししていました!

1時間半のトークショーで密の濃い情報が盛りだくさんでしたのでご紹介します!!

 




 

マッチTheベイトが重要!シーバスが何を捕食しているか把握する!

様々な釣りに共通することではありますが、

その土地でターゲットの魚種が何を捕食しているかは

非常に重要な要素となってきます。

 

マッチTheベイト という考え方はシーバスを狙う際にも重要です。

シーバスが捕食するベイトにはどのような魚種がいるのでしょうか。

 

コノシロ(コハダ)

コノシロの形態写真

参照:市場魚介図鑑

汽水域に生息することが多く、初春から初夏にかけて産卵期を迎える。

シーバスの活性が上がる初夏にかけてメインベイトの対象となることが多い。

大きな個体では20cm~30cmほどの大きさになる。

 

ボラ

ボラの形態写真

参照:市場魚介図鑑

工業地帯や都心部でもよく目にする存在となっている。

海水域はもちろん汽水域でも生息可能であるため、

サイズの小さな時期には「イナッコ」と呼ばれ

メインベイトとして位置づけられることもある。

 

イワシ

マイワシについて

参照:市場魚介図鑑

様々なターゲットとなっているイワシだが、

流れの早いポイントでは岸際に打ち上げられている光景もよく目にする。

本流とは外れた流れのヨレに群れで泳いでいるときはチャンス。

シーバス以外の大型魚が捕食する可能性も高い。

 

アユ

アユの形態写真

参照:市場魚介図鑑

季節によって淡水域と海水域を行き交うアユ。

産卵期には淡水域に戻ることが多く、産卵後のアユは体力も少なくなり

シーバスの捕食対象となりやすい。

秋にかけて落ちアユ」と呼ばれ海に流される個体もいる。

岸際のブレイク沿いで泳いでいることが多く、弱っているアユを演出した

ルアーアクションでシーバスを釣り上げることができる。

 

 

ルアーサイズは関係なかった!?ルアーで演出すべきシーンとは?

マッチTheベイトと聞いて真っ先に想像することは、

メインベイトの大きさ、色味、泳ぐスピードなど

すべてをベイトに合わせたルアーチョイスをすべき!!ということです。

 

しかし、ベイトの豊富なポイントではたとえそっくりそのままベイトに

合わせたルアーをチョイスしても数多くのベイトの中に紛れ込んでしまい、

返ってバイト率を下げることになりかねません。

 

では、どのような選択をすべきなのか、、!!

 

 

ベイトの群れからはぐれた一匹を演出できるルアーをチョイスする

 

 

今回のミソです!!笑

シーバスは捕食する際、数多くの逃げ回っているベイトを

必死に狙うよりも群れからはぐれた一匹を狙う方が

容易に捕食できることを知っているのです。

 

それをルアーで演出するのです!!

 

では、具体的にはどういったことをするのか、、

 

 

メインベイトのいるレンジと外れたレンジでルアーを泳がせるのです!!

下手くそな絵で説明します↓泣

例えば表層付近にベイトが溜まっている状況なら

少し深いレンジをルアーで探るのです。

ルアーチョイスとしては

シンキングミノーがオススメです。

 

カラー、サイズ、レンジ層など豊富な選択肢から選べる信頼のシマノルアー↓

 

これにより群れからはぐれた一匹を演出するのです!

日中なら早めのリトリーブで、夜間なら目立つカラーセレクトが重要となってきます!

 

関連記事

肱川シーバス!!攻略のカギは反転流と高速リトリーブ!!

 

最後に

いかがでしたか。

ルアーチョイス一つとってもアングラによっては様々な考え方があります。

そのなかでもプロアングラーの方の考え方に触れる機会は

非常に貴重な情報となってきます。

 

1人でも多くの考え方に触れていき、最高の一匹を釣り上げたいですね!!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!!!!

 

実際のトークショーにてシーバスの対象ベイトについて

鈴木斉さんがお話しているシーンです↓(59:23~)

 

これにより群れからはぐれた一匹を演出するのです!

日中なら早めのリトリーブで、夜間なら目立つカラーセレクトが重要となってきます!

 

関連記事

肱川シーバス!!攻略のカギは反転流と高速リトリーブ!!

 

最後に

いかがでしたか。

ルアーチョイス一つとってもアングラによっては様々な考え方があります。

そのなかでもプロアングラーの方の考え方に触れる機会は

非常に貴重な情報となってきます。

 

1人でも多くの考え方に触れていき、最高の一匹を釣り上げたいですね!!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!!!!

 

実際のトークショーにてシーバスの対象ベイトについて

鈴木斉さんがお話しているシーンです↓(59:23~)

 

もちろん管理人も釣り大好き人間です!

DAIWAモバイルパックで次々と大物釣り上げています!↓

コンパクトロッドが有能すぎる件!ショアから狙えるターゲットは釣り上げることができる!!

インスタグラムで釣果更新中!!!