潮の満ち引きで分かる釣れやすい時間帯が判明した

いかにして魚を釣り上げるか。

様々な可能性を考えながら

魚にアプローチすることが重要となってきます。

 

 

ルアーカラー、ルアーサイズ、アクションなどなど

 

魚へのアプローチの引き出しが多ければ多いほど

魚を釣り上げる可能性が高くなります。

 

釣り場で釣り人ができるアプローチ以外にも魚を釣り上げる確率を

高くする方法があります!

 

 

 

「釣れる時間帯」の見極め

 

 

 

です。





基本的に朝まずめ・夕まずめ「釣れる時間帯」として有名ではありますが、

日中での「釣れる」時間帯をご紹介します!!

 

月に二回やってくる「大潮」の日を狙う!

釣りをする上で考えなくてはならない「潮の満ち干き」

地球と月、太陽の関係性から海水に干満差が生まれます。

カンタンに説明すると

 

 

地球と月、太陽を直線に結んだ箇所は海水面が高くなります。

 

 

カンタン過ぎましたね。。

書いてて意味不明ですww

 

こちらをご覧ください↓

img_1853

参照:気象庁

 

月と太陽には海水面を引っ張り上げる「起潮力」が働いており、

太陽に比べ月の方が大きな起潮力が働いています。

太陽–月–地球が一直線に並んだ時に

地球に対して月と太陽、お互いの起潮力が

働きます。

このタイミングが「大潮」なのです。

一般的に「大潮」の日は月に二回やってきます。




 

その日を狙って釣りに行くことをオススメします!

 

 

それではなぜ、「大潮」の日が釣りをする上で好条件なのか

ご紹介していきます。

 

関連記事

釣り初心者と釣りを楽しむ際に気をつけたい4つのこと

 

「大潮」では潮の流れが活発になる!魚たちの活性も上がる!

一般的に「釣れる時間帯」として有名なのは

早朝の日の出の時間帯である「朝まずめ」

夕方の日の入りの時間帯である「夕まずめ」となっています。

img_1850

 

この考え方は魚を釣り上げる上では必要不可欠な考え方です。

 

また、1日の中で最大満潮・最大干潮の時間があります。

これも先ほどの「大潮」が発生する仕組みと同様で

月が最も近づいた箇所とその対角線上の地帯の

潮が満ちるのです。

img_1852

参照:気象庁

 

「大潮」の時間帯には

潮の流れが活発になり、魚の活性も上がります。

潮の流れがある箇所にはプランクトンが多く集まり、

そのプランクトンを食べる小魚が集まり、

その小魚を食べるメインターゲットが集まるのです。

 

ひと月間では「大潮の日」が釣りやすいことがわかりました。

1日単位で見てみると朝まずめ・夕まずめが釣れやすい時間帯です。

 

 

それ以外で釣れやすい時間帯はあるのでしょうか。

 

関連記事

シーバスが釣れない時は様々なリトリーブスピードでアプローチ!高速リトリーブかデットスローか!?

 

満潮・干潮時間に着目!キーワードは上げ3分下げ7分!

釣りをする上で大切なこと。

1日の最大満潮時間と最大干潮時間を把握することです。

 

先ほどもご紹介しましたが、

潮の流れが活発になるタイミング

よく魚は釣れます。

同じ原理で1日の中で潮の流れが活発な時間帯があります。

 

釣り歴が長い方なら聞いたことあるかもしれませんが、

 

 

上げ3分下げ7分

 

 

という言葉があります。




これは上げ潮(干潮から満潮に向かうタイミング)と

下げ潮(満潮から干潮に向かうタイミング)、

それぞれの潮の流れが活発な時間帯を表現しています。

 

実際の潮汐表を見るとこんな感じです↓

img_1849

最大干満潮時間を避けた時間帯となっています。

ここがポイントなのです!

 

先ほどもご紹介しましたが、

潮が活発になるとプランクトン、小魚が動き出し、

メインターゲットの活性も上がると紹介しました。

 

 

要は潮が動いている時間帯を狙うのです!

 

 

最大干満時間に釣りをしても潮が動いていないので

魚が釣れる可能性は低くなってしまいます。。

 

潮の見極めの基本的なところなのでしっかりと押さえておきましょう!!

 

関連記事

満潮・干潮どちらが釣れる!?過去3年間の実績から徹底分析した結果…!

 

最後に

いかがでしたか。

釣りは「考えながらする遊び」とよく言われますが、

その要因を1つずつ試し、

答えが出た時に釣りの本当の楽しさを実感できるかもしれませんね。

 

ルアータックルに目が行きがちですが、

釣り場の状況に合わせたアプローチを

考えることも釣りの醍醐味の1つでしょう!

釣りは自然相手の遊びです。

釣り場に何度も足を運び、研究し、

その瞬間最も可能性のあるキャスト、ルアーチョイス、アクションをすれば

ワンランク上の楽しみを感じることができるかもしれません!

 

今回は「潮の干満時間」に関してでした!

釣りをする際、頭の片隅に置いておいて損はありません!笑

最後までお読みいただきありがとうございました!!!!!




 

インスタグラムで釣果更新中!!!