タモ網ジョイントパーツで持ち運びラク!セットでの購入だから知識がなくても安心!


男という生き物は一度好きになれば

とことん追求したくなるものです。

特に趣味の分野では色濃く目立つでしょう。

 

車、バイク、自転車、釣り、ランニングetc.

 

代表的な趣味は楽しむ人が多く、

会話のネタや仲良くなるきっかけにもなりますよね。

 

今回は釣りに関してです。

釣り人がまずこだわるものはなんといってもリールやロッドでしょう。

 

が、リールやロッド以外にも道具は無数にあります。

快適な釣りを目指していたら本当にきりがありません。。笑

 

その中でもタモに注目してみましょう。

 

おすすめタモ網は折りたたみにすべき!!

釣り番組が好きな方はよくこんな場面を目にするのではないでしょうか。

 

(引用 シーバスオススメ)

 

タモ網を背中にかけているこんな場面です。

 

これは便利そうだなーと思う反面、

揃えるとなると沢山のパーツを購入しないといけないんだよなーと

面倒に感じる方も少なくないでしょう。

 

揃えるとなると何が必要?

揃えるとなると5つのパーツをそろえる必要があります。

 

・ランディングフレーム

・ネット(網)

・ランディングシャフト(柄)

・ジョイント

・ホルダー

 

 

。。。

 

どうせそろえるならしっかりしたいいものをそろえたいですよね。

何度も買い替えるものではありませんからね。。

 

時間がかかるーー

 

調べれば調べるほどたくさんの候補が出てきます。

はたまた、網やフレームを組み合わせようとしたときに

ネットだけでは合わない可能性も出てきます。

 

そんな状態で購入するのは不安になるのも当然です。

また、何度かタモ網を買い揃えている人ならば問題ありませんが、

初めての購入となるともう太刀打ちできません。

 

そんな方にお勧めするタモ網がこちら↓

 

 

LANDING GEAR(エイテック)

エイテックが販売しているLANDING GEARです。

 

 

今回ご紹介するのは4mのランディングシャフトです。

今回のタモ網はキロイカやシーバスを取り込めるような網を探していました。

 

4mあればある程度の防波堤はカバーできます。

干満によっては届かない状況ももちろん考えられますが。。泣

 

このLANDING GEARには標準装備として先ほど紹介した

 

・ランディングフレーム

・ネット(網)

・ランディングシャフト(柄)

・ジョイント

・ホルダー

 

この5つのパーツをすべて揃えています。

 

 

カーボングラスは70%です。





ネットフレームは55㎝なので小さすぎずでも大きすぎずといったところでしょう。

言えば無難な大きさです。

 

これ以下になってしまうと、バスや渓流を意識したターゲットになってくるでしょう。

海で時には大物を釣り上げるような機会がある方は

このくらいの大きさが良いでしょう。

 

ネット(網)

魚にやさしいラバーコーティングネットを採用しています。

 

釣り具屋さんでもよく目にすることが多くなってきました。

つなぎ目は布カバーでしっかりと補強されています。

 

ランディングシャフト

このランディングシャフトは仕舞寸法で55.6㎝です。

 

 

上の写真でシャフトに灰色の部分と黒のフィルムの部分があります。

 

灰色の部分はざらざらとしていて手に吸い付き滑りにくくなっています。

 

細かなところにもこだわり使いやすくなっています。

 

ジョイント

折りたたみ式のタモには必要不可欠なジョイントです。

 

 

このジョイントも標準装備なのでいちいち選ぶ必要はありません。

 

折りたたんだ状態から網を振り出すことは容易なのですが、

折りたたみ時が案外難しいのです。

 

カンタンなのですが、知らなければ一生戻せないかもしれません。笑

 

その戻し方は、、↓

 

 

〇部分を写真右方向に引っ張るのです。

そうするとロックが外れ折りたたむことができます。

 

稀に説明書が付いていないことがありますので、

知らなければ大苦戦します。お気をつけて!!

 

 

ホルダー

最後にホルダーです。

 

これはフックになっていますので、

腰ベルトやバックに掛けることができます。

 

肩掛けベルトはついていませんのでご注意ください。

正直、フックがあれば十分です。

 

大物をかけた時にはいかにスムーズにタモ網を

取り出しランディングできるかがポイントです。

 

肩掛けベルトも便利ですが、

魚をかけたときにスムーズなランディングを目指すのであればフックで十分です。

むしろフックの方が操作しやすいでしょう。

肩ベルトだとランガン時に取り外しがスムーズにできず

一匹を逃す可能性だってあります。

 

フックで十分ですね!!

 

 

最後にお値段!!

いかがでしたか。

これほどのスペックのタモ網を一度に手に入れることができるのは中々ありません。

非常にコスパが良い商品のお値段が気になるでしょう。

 

普通に単品でパーツをそろえると2万円は軽く超えるのですが、

このタモ網は、、

 

13600円!!!!!

 

 

本当に驚きました!!

釣り具屋で見つけたとたんに400を探して一発購入しちゃいました。

 

 

本気でオススメです!!

気になった方はぜひ買ってみてください!!




インスタグラムで釣果更新中!!!