釣りポイントの位置情報を写真から確認する方法とは


釣りが大好きで釣った魚を

スマホで写真に収めている方は多いのではないでしょうか。

過去に撮り溜めた写真たちを見返すと

様々な思い出が蘇ってきます。

当時の日付、時間は写真から分かるのですが、

具体的にどこで釣ったのか分からない写真があります。。

思い出として場所は思い出せるけど、、

 

 

マップ上で明確な場所が分かれば良いなぁ。。

 

 

今回はそんな悩みを解決すべく、

写真に場所データを収める設定方法をご紹介します!!!





 

釣り写真で場所データを記録する設定方法

写真を撮った際に場所データを記録するには

スマホの設定でカメラ使用時に

「位置情報」をオンにする必要があります。

手順としては非常に簡単なのでご紹介します!

 

1.「設定」を開いて「プライバシー」をタップ

 

2.「位置情報サービス」をタップ

 

3.「カメラ」をタップ

 

4.「このAppの使用中のみ許可」をタップ

 

5.右側の「レ点」が確認できれば設定完了です!

 

では、場所データを取得した写真から

どのようにして場所を確認するのでしょうか。




場所データが入っている写真は

閲覧時に上部に

場所データ(大洲市ー八多喜町)がすでに入っています↓

 

関連記事

肱川シーバスではなく肱川チニングがアツい!愛媛一級河川のポテンシャルは!?

 

そこから、、

上にスワイプすると↓

 

場所データがマップ上に表示されています。

 

マップは拡大縮小できるので

非常に便利な機能です!

 

釣りデータ分析の活用はもちろん、

次回釣行時にも役立つ情報となります!




関連記事

満潮・干潮どちらが釣れる!?過去3年間の実績から徹底分析した結果…!

 

最後に

いかがでしたか。

思い出の1匹を釣り上げた場所は

記憶として覚えていますが、

全て覚えていることは非常に難しいです。

 

釣行時に撮る写真に場所データを残すことによって

情報量の多いデータに生まれ変わります!

 

設定自体は非常にカンタンなので

是非一度トライしてみてください!!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!!!!!!

 

インスタグラムで釣果更新中!!!




 

DAIWAモバイルパックで次々と大物釣り上げています!↓

コンパクトロッドが有能すぎる件!ショアから狙えるターゲットは釣り上げることができる!!