日本版信用スコア「AIスコア」で自分の可能性をスコア化する時代の到来!気になる質問内容は?

中国では社会インフラとして活用されている「信用スコア」。

スコアが高い人には優遇措置があり、

ホテルの割引や低金利でローンを組めたりもできます。

逆に低スコアだと

航空券の購入ができなかったり、組織の立ち上げに制限がかかったりと

個人の「スコア」が重要視されているのです。

 

今回は日本でも開始となった株式会社J.Scoreの「AIスコア」に

関して、実際にどのような質問がされて個人のスコアが

算出されるのかご紹介します!!!

“日本版信用スコア「AIスコア」で自分の可能性をスコア化する時代の到来!気になる質問内容は?” の続きを読む

老後資金はいくら必要か!某大手通信会社の事務職女性が語る定年後のビジョンから老後資金の実態を紐解く!

新年度が始まり、会社内で人事異動や辞令で慌ただしい時期になってきました。

長年勤めてきた職場を離れる人、気持ち新たに他部署から

異動してきた人、社会人として期待と不安を抱きつつ入社する人。

4月は多くの出会いの時期でもあります!

 

3月、4月は毎年出逢いと別れの時期ということもあり、

人によって好みの分かれる時期と言えるでしょう。

また、この時期には歓送迎会などの飲み会も数多く開催されるので

普段職場では話さないようなことも話す機会があります。

 

今回は某大手通信会社の事務員として働いている女性(定年間際)が

口にした定年後のビジョンのお話を紹介させていただきます!

 

(なかなかの内容だったので記事にしちゃいます。。笑)

“老後資金はいくら必要か!某大手通信会社の事務職女性が語る定年後のビジョンから老後資金の実態を紐解く!” の続きを読む

信用スコアで国民の信用度をスコア化!?すべてを数値化させて国民を判断する時代がやってきた!

今や誰もが発信をして不特定多数の人から

「いいね!」をもらい、

個人の発信の価値が「いいね!」の数により視覚化できるようになりました。

Instagram、Twitterを始めとしたSNS、食べログなどの大手飲食店サイトでも

「いいね!」「レビュー」の数が重要視されるようになってきました。

 

SNSや大手サイトではこの「いいね!」や「レビュー」の数が一種の価値を

生み出しています。。

なぜなら、現代ではレビューの評価で実際にお店に行ったことない人が

その店の良し悪しを判断するレベルなので

「いいね!」「レビュー」の価値というのは年々上昇しているのです。

世間ではいいね!ビジネスも存在するほどです。。

 

一定数の「いいね!」を課金で手に入れるというものです。。

なぜ課金して「いいね」買う? インスタのインフルエンサー裏事情

 

“信用スコアで国民の信用度をスコア化!?すべてを数値化させて国民を判断する時代がやってきた!” の続きを読む

携帯販売員は良い仕事!?誰もができる仕事なの!?~携帯販売員の取扱説明書~

携帯販売員のイメージは人によって様々な捉え方をされます。

 

接客業だから大変そう。。

ノルマがきつくてお客様の取り合いになりそう。。

 

もちろん接客業なので大変な部分も多いです。

販売員なので一人ひとりの生産性は毎日上司から見られています。

 

それでも携帯販売員として初心者の方でも

働くことができやすい職種なのか、

実際に他業界から携帯販売に携わった身として

リアルに感じたことをご紹介します!!!

 

“携帯販売員は良い仕事!?誰もができる仕事なの!?~携帯販売員の取扱説明書~” の続きを読む

Excel初心者の必須スキル10選!四則計算から表・グラフ作成を3日間で網羅する!

企業・社会の一員として働くうえで欠かせないスキルの1つ

 

 

Excelを使いこなせるかどうか。

 

 

営業事務やアシスタントをしている人でも

仕事効率化のために取り入れられている

会社独自のシステムを使っていればExcelで表やグラフを

作成する機会がないケースもあります。

(私は完全にそのパターンでした。。泣)

“Excel初心者の必須スキル10選!四則計算から表・グラフ作成を3日間で網羅する!” の続きを読む

家電量販店でのキャッチから商談へ!一貫性の原理を利用したキャッチでの考え方とは!?

家電量販店での仕事が決まったはいいものの

獲得件数のことを考えたときにまずぶち当たる壁。。

 

 

お客様と商談をするチャンスがない、、!!泣

 

 

例えば、携帯販売員として配属になっても

すべてのお客様が家電量販店に携帯を買いに来るということは

まずありません!!泣

 

今回はいかにして可能性のあるお客様にアプローチできるか、

またはその可能性をどのようにして察知すればいいかを

考えていきましょう!!!

 

※量販店での取り扱い商品は数多くあり、

それぞれの販売員がいますが

今回は携帯販売員目線でご紹介します。

 

“家電量販店でのキャッチから商談へ!一貫性の原理を利用したキャッチでの考え方とは!?” の続きを読む

「軸ずらし転職」の可能性について|年収240万→1250万への道

こんにちは!

 

 

motoさん(@moto_recruit)が

TwitterやVoicy上で発信して話題になっている

 

 

「軸ずらし転職」

 

 

現代では同じ会社で勤め上げることに

意味をなさなくなってきたと感じるサラリーマンも

増えてきています。

 

良くある話ですが、アメリカでの転職回数は

3回以上とのデータが出ています。

 

日本でもようやく転職を繰り返してキャリアアップ、

もしくは年収アップの傾向が本格的に見られてきました。

 

今回は年収を上げていく転職方法

「軸ずらし転職」に関して考えていきましょいう!!!

 

“「軸ずらし転職」の可能性について|年収240万→1250万への道” の続きを読む

PayPay 第2弾キャンペーン決定!気になる激アツキャンペーン内容とは!?

SoftBankとYahoo!が共同出資して

実施されたQRコード決済

『PayPay 』

 

昨年12月に実施されたキャンペーン

 

 

『100億円あげちゃうキャンペーン』

 

 

決済の20%をPayPayポイントとして

キャッシュバックするという異例のキャンペーンにより

QRコード決済やキャッシュレスの風潮が

一気に高まりました。

“PayPay 第2弾キャンペーン決定!気になる激アツキャンペーン内容とは!?” の続きを読む

営業のコツは「間」にあった!話し過ぎない商談の極意とは!?

営業職。

 

世間から最も必要とされて

そのスキルやスタイルが1人ひとり異なり

企業の即戦力となりうる業種です。

 

一度自分の営業スタイルを身に付けることができれば

商材が変わっても結果を残す営業マンになることができ、

様々な現場で仕事をすることができます。

 

とある生命保険会社では正社員のフルコミッション制で

年収3000万~5000万を稼ぐ営業マンもいます。

 

 

今回は駆け出し営業マンが感じた

商談のコツをまとめてみました!!

 




 

営業をするまでの「営業職」のイメージとは!?

駆け出しの営業マンとしてスタートした私ですが、

今までの営業のイメージとしては

 

 

知識武装してお客様に対して

細かな説明&契約内容の全てを納得してもらって

ご契約していただく!!

 

 

という、堅苦しいイメージでした。

 

 

↑「今こそこの技を使うべし! 土下座!!」

 

学齢期の子供や学生たちが

職業図鑑でこんな文言見てしまえば、

そりゃ営業職へのイメージも向上しませんよね。笑

 

 

話がそれました。。

今後の自分のキャリアアップには営業職は必要不可欠と分かっていた分、

そのイメージも堅苦しくなっていました。。笑

 

しかし、現場に入ってそとある日が来れば

そんな堅苦しいイメージは必要ありませんでした!!

 

 

営業未経験者が営業職を経験してみて見えてきたこととは!?

最初の営業は個人向けの通信商材でした。

毎日異なったお客様と商談を繰り返し、

回転率の高い営業スタイルでした。

 

営業未経験だった私はとにかく必死の商談をしまくっていました。。笑

お客様との商談に移れば、簡単なヒアリングから

自分の得意な商談内容を話し続けていました。

 

 

 

めちゃくちゃ一所懸命にww

 

 

 

 

その結果、温度感の高いお客様からしか契約を取ることができず、

検討中(本体温度感は高い)のお客様から

契約を頂くことは多くありませんでした。

 

 

なぜなら、当時の私は

 

 

 

 

知識武装が結果を出すための最重要事項と考えていました。

 

 

 

 

もちろん、知識が大前提で商談は進んでいきます。

 

しかし、一方的に知識を出し尽くすことが

契約につながるとは限りませんでした。

 

 

先輩営業マンから学んだ「間」の破壊力!?

営業としての目標件数に向かって猛進していたある日。

 

仕事のお世話をしてくれている担当営業の方が

現場に入って

 

『営業とは、、!!』

 

『商談とは、、!?』

 

 

を実際に現場で教えてくれました。

 

その先輩は1年間体育会系ゴリゴリの偉業会社で

単価数百万もする通信商材の法人営業をしていた方でした。

話を聞けば聞くほど営業は心身ともに鍛えられるものだと

痛感するばかりでした。笑

 

さて、

当時の私の現場では店舗に来店されたお客様に対して

お声掛けをして、

お客様の温度感を徐々に高めていき、

商談に入る。という流れでした。

 

 

その日は商談が始まれば

先輩の横についてその内容を観察していました。

 

驚きだったのが、

 

 

 

言葉数が非常に少ない

 

 

 

ということです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ フリーランス生活へ
にほんブログ村 

全体を通じてお客様の方が

話しているのです!!

 

いつの日か聞いたことがあります。

 

 

営業とはお客様にお話していただく仕事である

 

と。

 

 

まさに先輩は実践していたのです。

 

そして、商談も終盤に差し掛かり、

契約をするか否かのタイミングがやってきました。

 

 

正直、お客様的には契約には踏み切れていない状態でした。

先輩が説明をし終えると訪れる

 

 

 

「間」

 

 

(ん、、何の時間だ!?)

 

そう思うほどの「間」がありました。

そういう時でも先輩は口を開きません。

 

沈黙を破ったのはお客様でした。

契約内容に関する質問でした。

 

スマートにお応えする先輩。

 

 

再び一瞬の「間」が。。

 

次は隣にいた奥様に相談を始めたお客様。

 

 

とたんに席を外れる先輩。

 

 

(もう話の武器はないはずだけどな。。

どういうことーー!?)

 

 

後でたっぷり聞いてやろう!

そう思っていると先輩が戻ってきました。

お客様から

 

 

「これは今日契約するならどうすればいい?」

 

 

契約成立です。

本当に驚きでした。

 

先輩は必要最低限の説明をして、

お客様との「間」を作り、

一度席を外し、戻ってきたときには

お客様側で契約が決まっていたのです。

 

勇気をもって「間」を作り出せ!その心は!?

商談で最も居心地が悪くなる瞬間があります。

 

 

沈黙です。

 

 

営業経験の浅い私はとにかく情報の

提供をしてその沈黙を作ろうとしませんでした。

 

 

が、その先輩は真逆でした。

 

 

先輩曰く、

 

 

営業は勇気を持って「間」を作らなければならない。

お客様に考える「間」を作り、

しっかりと決断してもらわないといけない。

「間」を作ることでこちら(営業)側のペースに

持って行きやすくなる。

 

今回のお客様はご主人が決断したがるタイプのお客様だったそうで

考える時間をいつもよりも多く与えていたとのこと。

 

何千人ものお客様を相手にしてきた先輩営業マンは

お客様のタイプによって自分の営業パターンを

変えていました。

 

 

営業とは俳優業である。

 

 

時には俳優の如く自分を演じる必要があると

教えていただきました。

 

 

すごいこと(キャンペーンやキャッシュバック)をさらっという。

お客様のネックとなる内容に対する打開案もさらっという。

 

 

非常にリラックスした状態で商談が進んでいました。

 

 

営業にゴール地点はない

業界にもよりますが、

同い年で年間売上3億を出している営業委マンがいました。

 

その方が常に言っていること

 

 

営業にゴールはない

 

 

今の現場で良い結果を残せば次の仕事への道が

開け、更にレベルの高い舞台で営業をすることができる。

 

 

彼の考え方に心打たれました。

営業に関わりだしてから仕事の話が楽しくて仕方ありません。

 

営業は千差万別です。

その人が見つけ出した営業スタイルを

吸収することで今の自分の営業の糧になること間違いなしです。

 

今後も営業を極めて最終的にはフルコミッションの

営業マンになります!!

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました!!!!!




にほんブログ村 ライフスタイルブログ フリーランス生活へ
にほんブログ村

読書の効果を最大限に!読んですぐ、SNSにアウトプットをしよう!

自分の知識や人間性を高めたくて読書をする人は

多いと思います。

 

でも、「本を読みきった自分」に満足している人や

「本を読んでいる自分が好き」潜在的にそう思っている人は

多いです。

 

自己啓発本やハウトゥー本を読んだとしても

その本を繰り返し読む人はほとんどいません。

 

なぜなら目的が

 

 

何冊読み切ったか

 

 

↑になってしまっているからです。

 

こうなっては本の内容はアバウトには覚えていますが、

行動に落とし込んだり、人に伝えることは

間違いなく不可能です。

 

今回は読んだ本の内容を効率よく定着させて、

行動に落とし込むまでの実践の方法についてです!!

“読書の効果を最大限に!読んですぐ、SNSにアウトプットをしよう!” の続きを読む