AIは仕事を奪えるのか!会社内で奪われる仕事とは!?


近年注目を浴びている人工知能(以下AI)ですが、

その可能性に期待しつつも恐れている方も

少なくはないでしょう。

多くの人はAIに対して、

仕事が奪われる、

AIに支配される、

という悲観的な印象を抱いています。

 

たしかにAIはヒトよりもスペックが

高いことは間違いないことですが、

そう悲観的になる必要はないのです。

なぜならば、奪われる仕事があるということは

それ以上に人に時間ができて、

今までにない働き方が生み出されるということなのです。

 

今回は、AIが仕事を奪うことができるのか、

そして悲観的になりがちな訳を

今の仕事の観点からご紹介しましょう!!!

 

 

AIは仕事を奪うことができるのか!?

AIと聞くとすぐにイメージしてしまう

『今の仕事が奪われる』

たしかにAIに対して決まり文句のように

語り倒している専門家もいますが、

世の中には様々な視点から意見されています。

 

まず、AIがなぜ仕事を奪うまでの

可能性があるのかカンタンにご紹介しましょう。

 

大前提にAIとヒトの明らかな違いが

何点かあります。

  1. AIは24時間365日フル稼働できる(ヒトの監視下の元)
  2. ヒューマンエラーの様な初歩的なミスをしない
  3. 人件費に対してコスト安である
  4. 単純作業はAIが得意
  5. ヒトの内面的なところまでAIは踏み込めない

この5点以外にもAIとヒトの違いは

無数に存在しています。

それほど世界が注目していることですし、

様々な意見が飛び交っているのです。

そして、AIは日々進歩しているのです。

 

先ほど挙げさせていただきました

点から具体的にどのような仕事が奪われるのでしょうか。

実際に考えていきましょう。

 

AIが奪う仕事!キーワードは?

AIが奪う仕事を考えるうえで

必要なキーワードとは、、

 

『ヒトにしかできないこと』

『誰もができる仕事』

 

この2点が大きなキーワードとなるのです。

それでは具体的にどのような仕事が奪われてしまうのでしょうか。

 

管理職

会社には会社の方針に基づき

社員を統率する管理職が必要です。

管理職全体の仕事がAIに

奪われるのかというわけではなく、

その一部がAIに奪われると言っていいでしょう。

 

そのポイントは

『ヒトにしかできないこと』

です。

 

AIはヒトのモチベーションを

上げることができません。

会社の方針に基づいてヒトに指示を出してたり、

業務内容を伝達したりすることには

長けています。

よって、今の管理職に仕事にある、

仕事の振分けに関して

AIが担当することになるでしょう。

仕事の振分けは社長の采配で

決定することが多いです。

優秀なAIを1台置いておけば問題ないでしょう。

 

 

ヒトができることは社員のモチベーション維持&

モチベーションアップに関してです。

無駄な業務を失くすことによって、

より会社や社員に目を向けることができ、

会社の質を上げることができますね。

 

奪われる仕事だけに耳を傾けがちですが、

AIによってヒトには

今までにないより多くの時間が確保できるのです。

 

その時間を有効活用すれば

未だ見ぬ世界が広がっていることでしょう。

 

AIにより私たちにはより多くの時間が

与えられるのです。

それをどのように活かすかは会社や自分自身なのです。

会社に縛られない生活が夢物語ではなくなるのです。

得た時間で人生を変えるべくアクションを

起こし、自分改革を起こしましょう!!